Kitamichi DrCEREC通信

2012.11.16更新


こちらが3Mのインストラクター。
意気投合いたしました。
アメリカに行った際はよろしく!!
やはり海外研修。
患者さんが2名用意されていました。
セレック最新技術のライブデモ。

ISCD前会長のビターハム先生と仲間たち。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.11.16更新

今年2度目のベルリン。
実は一週間ぶりなのです。
前回のシンポジウムの後、リヒテンシュタイン、スイスのあと再度の訪問です。

大雨で飛行機の中に閉じとめられる始末。
よく寝れました。

無事にベルリン空港に到着です。
こちらはうその様に晴れてました。
私の日ごろの行いが悪いのかしら??

朝夕は寒いのですが、日中は夏です。
アイスを頼んだら出てきたのはこのボリューム!!
何から何までスケールが大きいのですね。

正しく快晴です。

今回の目的はドイツコンピューター審美歯科学会のマスターコース受講です。

技術革新は凄い!!
カメラの小型化。
日本ではまだ先になりそうです。

今回はアメリカの3M社のインストラクタードクターとパートナーを組み最新セレック技術の習得に励みます。
講師はチューリッヒ大学のビンドル教授でした。

セレック 最新技術 多くの外国人の仲間、最高です。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.11.16更新

近況報告です。
ドイツベルリンまでセレック最新情報、インプラント最新情報獲得のため
e,maxエキスパートシンポジウムに参加してきました。

とんがり頭の私。
寒かったですね。
日本を代表して私の師匠でもあり、大学の先輩にあたる草間幸夫先生が講演されました。
開始数秒で多くの外国人医師の興味を引くプレゼンはさすがです。
私も勉強しなくては・・・。

JSCADの仲間たちと。
同じ志を持つものは何よりも強い仲間。
日本でも今回得たことを講演にて還元いたします。
CEREC CAD/CAM 最高です。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.11.16更新

セレックといえばオールセラミック審美修復。
審美修復といえば精密さ。
精密さといえばマイクロスコープ。

マイクロスコープとは脳外科などで用いられる顕微鏡手術装置のこと。
当院では保険診療から健康でありたい患者さんのためにメインテナンスにおいても
マイクロスコープを活用いたします。
もちろんセレックにおいては絶対ですが。

安心のために。
二台の最新マイクロスコープ(ライカ製)で患者さんの健康をサポート!!

こちらはスタンダードタイプ。
セレックから定期検診に使います。
こちらは最上位機種。
セレックにはもちろん、外科、根っこの治療に使用します。

セレックといえばやっぱりマイクロスコープ、ですよね。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.11.16更新

ご無沙汰しておりました。
最近、セミナー、講演等で手付かずでした。
CAD/CAMの進化は日進月歩。
CERECも例外ではなくインプラントの製作も可能となっております。
当院でも院内でCEREC インプラントの製作が可能なため短時間で患者さんに
上部構造(歯のことです)の提供が可能です。(喜)

投稿者: きたみち歯科医院

2012.09.08更新

二十名の先生方に集まりいただきました。
皆さん熱心で私が押されますが、そこはプロです。
しっかりやってきまし
た。進化し続けるセレック。
良い器械です。

やっぱし名古屋は大きいですね。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.08.15更新

我々セレックを含めてCAD/CAMを使用したコンピューター歯学の国際学会としてISCD(国際コンピューター歯科学会)が存在いたします。正しく世界を舞台に活躍するエキスパート集団の集まりです。
JSCADはISCDの日本支部として現在は日本を中心に活動しています。
ゆくゆくはアジア圏の教育まで考えて活動する日本国内でのCERECのエキスパート集団です。
今回、日本国内においてCEREC CAD/CAMシステムの更なる発展と、同業者(歯科医師をはじめとした歯科医療従事者)に対する教育システムを充実するために関西支部が設立されました。
私も若輩者ながら支部長に就任いたしました。
設立大会はJSCAD会長でもあり私の恩師(師匠)でもある草間幸夫先生をはじめ、大先輩であり良き理解者でもありパートナーでもある副会長の江本正 先生、関西支部の役員理事の先生方の助けをお借りして行われました。
会場のシロナ大阪。
近代的なセミナールームでした。

素晴らしく整備されたショールームです。
もちろんCERECも展示されています。

会場は満席です。
誰一人として途中退席も無く、寝る人もいませんでした。
どの先生も熱心そのものでした。
今回司会、進行、講師の三役を行いましたが今までに無い熱気に押されそうになりました。
何とかやり遂げれたのも、草間先生、江本先生、林先生、村田先生、小田先生、小林さん、そしてモリタ、シロナ、白水、イボクラの協賛企業の方々のサポートがあってのことでした。
ありがとうございました。
今後も力を合わせ関西を引っ張って行きます。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.08.06更新

ご無沙汰しておりました。
ここ最近、日々の診察に加えて講演活動も忙しくパソコンに触れる機会がありませんでした。
もちろんスライド製作用に使用しているマックは毎日カチカチやってますが・・・。
ここ最近のCERECに関する出来事をアップしていこうかと思います。
昨日の早朝(朝5時に起床)より移動開始。
お月さんがよーーーく見える時間帯。
私の住む所はこのように山間の田園地帯。
まずは姫路までの移動に時間がかかります。
なんせ今回の講演先は北海道です。
しかも当日講演ですので遅刻は絶対にできません。
車で急いで始発の新幹線に間に合うように急ぎます。
(毎回こんな感じですね。うちは勤務医さんが居ませんので日常診療も休めません。)

なんとか無事に神戸空港に到着。
7時でした。
急いでチェックイン。
始発の飛行機ですが、すでに登場待ちの人であふれてました。
そうか、世間は夏休み。
私はここ最近休みが全くないなーーー。
約二時間のフライトで北海道に無事到着です。
気温は18度と非常に快適でした。
上着が気になりません。

講義の前に腹ごしらえということで、現地の総合歯科商社モリタさんの案内で十勝豚丼をご馳走になってきました。
見た目とは逆に非常にサッパリしていて美味しかったです。

急いで食事を済ませモリタさんの講義室へ。
今回は高度先進」しか医療であるCERECのコンセプトと日常臨床での適応症、CERECの現状という内容で三時間半の講義をさせていただきました。北海道でもCERECの注目度は高く、先進医療を志すトップレベルの先生方が集まりました。いつもですが
緊張いたします。
最後まで退席されることなく私の講義を夜遅くまで聴講いただき誠にありがとうございます。
今回は私の講義だけではなく、我々JSCADの北海道支部長でもある大友先生の実技も翌日に控えております。

夜のすすき野を横目にホテルへと向かいました。

翌日は北海道支部長の大友先生の診療所にて実技の指導が行われました。
大友先生は私と同年代の先生で、日本でも数少ない(北海道では唯一のISCD公認国際セレックトレイナーです。)私と同じ国際セレックトレーナーです。
診察室は個室で正しくワールドスタンダードといえる素晴らしい診療所でした。

最新の診察機器でスムースに審美治療が行われていきます。
参加された先生方も非常に満足されていました。
今後、同じ志を持つ仲間が増えていくことに嬉しく思います。
講演活動は間接的ですが患者さんを幸せにすることが可能です。
もっと同士の先生方を増やしていきたいとおもいますね。
二日間の講演活動も終了し食事へ。

テレビでも有名なラーメン屋さんへ。
すごい数の色紙でした。
あの人も、あの方も・・・・・。

ボリューム満点、豚骨ラーメン。

最後は何時もお世話になっている㈱モリタのTさんと空港の温泉で裸のお付き合いです。
フライトまで疲れを癒してきました。
さあ、明日からの日常臨床頑張らないと。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.06.17更新

昨日、本日は我々JSCADが主催するセレックのマスターコースが東京西新宿の西新宿セラミックインプラント研修センターで開催されました。今回で八回目を迎えるCCCですが非常に大盛況で毎回直ぐに満席になってしまうほどです。
セレック修復のスペシャリストを養成する歯科医師向けコースです。
毎回全国からセレックのスペシャリストを目指す熱心な先生方が集まります。

私の恩師でもあり指導者でもある草間先生を中心にコースは進行していきます。
今回、私も接着分野の講師として講演してまいりました。


現在考えられる最高の環境と設備、日本国内でも有数のセレック修復のスペシャリストの講師陣によりコースは進められていきます。


世界の草間先生自身による、セレック直接修復の指導を受けることができます。


参加された先生方も真剣です。
どの先生方も非常にレベルが高く、さすが各地を代表される先生方の集まりであると何時も感じさせられます。
同時に私も逆に沢山の事を学び取り感じ取ることができるこのCCCは最高です。

朝から晩までの二日間の前半が終了いたしました。
先生方お疲れ様でした。
次回は来月、後半の二日間が待っております。


受講される先生方に対して国際セレックトレーナーがマンツーマンで指導に当たれるのも、我々JSCADだから可能なセミナーです。実際に本国ドイツで行われるセレックマスターコースに準じたコース内容です。

今回習得した技術を次回後半の来月までに症例発表まで控えてます。
本格的なコースですが、どの先生方も非常に楽しまれていたように思えます。
後半も先生方のお役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

投稿者: きたみち歯科医院

2012.06.05更新

先の日曜日は大阪でセレックセミナーを行ってきました。
我々歯科医師にとって三種の神器と言われる機器の一つのCAD/CAM。
セレックとはもっとも歴史のあるCAD/CAMのフラッグシップモデル。
海外の大学では専門教育に取り入れられ、主な修復方法の選択肢である。
残念ながら日本の歯科教育にはまだ取り入れられてないのが現状です。
私の仕事の一環として、同業者にCERECの教育を行うこと。
何時もセミナーの前は非常に緊張してしまいます。
今回はCERECの良さを充分に伝えられたでしょうか?
何時も責任感を感じる瞬間です。
今回は50人程の受講生の先生方に囲まれて特に緊張いたしました。

投稿者: きたみち歯科医院

前へ 前へ