2012.03.30更新

早いもので明日で三月も終了。
来週から4月、新年度。
入学式に、入社式、新しい一年間が始まります。
今年度はどうだったのか?
いろいろ考える事はありますが、昨年の反省点を糧に新年度も頑張っていきたいです。
支えてくれた患者さん、スタッフの皆さんに感謝です。
患者さんには、より快適な診察環境を提供できるように頑張ります。

さて、今日もセレック、セレックの一日でした。
今日はブリッジの製作に追われました。
患者さんの歯列の模型を「ブルーイオス」という器械(光学スキャナー)で読み込みます。

器械から青い光が出ているのが分かりますか?

こんな感じです。警察の鑑識でも使われる高い解像力を持つ光学スキャナーです。

読み込んだデーターはセレックコンピューター上で三次元表示されます。
セレックを操作し、ポチポチっとブリッジを設計します。
時間は十分もかかりません。
実際に自分の歯が設計製作されるのをほとんどの患者さんは見学しています。

このような感じでブリッジが切削されてきます。
三十分位でしょうか?(歯が一本の場合は8分程度)
興味のある患者さんは是非見ていってください。
専門スタッフが丁寧に説明いたしますよ。

出来上がったブリッジ。
後はこれを特殊な器械で高熱処理いたします。
完成はまたの機会にアップします。