Kitamichi DrCEREC通信

2012.11.30更新

こんにちは。
セレックに必要な道具は何か??
ガリガリするドリルでも、お口の中を診る鏡でもありません。
もっと身近なもの。
皆さんも必ず持っているでしょう。
それは「カメラ」です。

もちろんちょっと普通のカメラではありません。
メカ好きならウズウズしそうなカメラたち。
もちろん私もそうですが。
最近導入した最新式のカメラ二台。
左よりの二台がそうです。
衛生士さんと「ああでもない、こうでもない」と言いながら作ってもらいました。

北道歯科医院ではセレックにかかわらず必ずこのカメラたちでお口の中を規格法という撮影法で撮ります。
決まった規格でお口の状態を残していく。
成長記録と同じで、何かあったときや、これからの予防について患者さんそれぞれに的確な計画法を提案してくれます。
人間の目を超えた精細な画像。
人の目を超えた明るさ。
最新式の拡散式フラッシュ三発が驚くほどお口の中の正確に再現いたします。
目では見えない歯と歯の間の虫歯や、
一度治した歯の内部の状態も判別可能です。
セレックだけでなくお口の中に関心のある患者さんたちに「歯科ドック」として大人気です。

最近はデジタルなしではやっていけませんね。

インプラントも安心安全スピーディーのもと、国際的に放射線学会で認められている「3DX]を使用。
歯科用CTとして放射線学会で認められているのは数あるCTのなかでも二軸性CT,3DXだけ。
もちろんインプラントセレックだけでなく歯科ドックでも大人気です。
自分の健康状態をきっちり把握したい患者さんはどうぞ。


本日もあわただしく過ぎ去りました。
CEREC Roomより。

投稿者: きたみち歯科医院