歯茎の腫れる原因が歯周病だった場合

歯茎の腫れの原因は歯周病であることがほとんど

歯茎の腫れの原因は歯周病であることがほとんど歯茎が腫れたときには、第一に歯周病が疑われます。「腫れ」というとパンパンに膨れ上がった様子をイメージされるかもしれませんが、歯茎の場合はブヨブヨと張りがない状態も「腫れ」に含まれ、こちらも歯周病である可能性が高いと言えます。
ただ、それ以外の原因によって歯茎が腫れることもあります。以下の項目でご紹介いたします。

歯周病以外の歯茎が腫れる原因

歯の根元に細菌が繁殖している

歯の根元に細菌が繁殖している虫歯を放置するなどして歯髄にまで達すると、細菌が歯の根で炎症を起こし、歯茎の腫れが生じます。
早急に歯科医院で治療を受ける必要があります。

親知らずの周りの歯茎の炎症

親知らずの周りの歯茎の炎症親知らずが正しく生えずに汚れが溜まっている場合、また埋まっている状態でも周囲の組織を圧迫している場合には、歯茎で炎症・腫れを起こすことがあります。
歯科医院に相談し、親知らずの抜歯を検討しましょう。

抜歯後に残った歯の破片が原因の場合

抜歯後に歯の破片が残り、それが歯ぐきの炎症・腫れの原因になることがあります。
歯科医院で取り除いてもらいましょう。

歯肉炎

歯肉炎歯磨きや硬い食べ物などで歯茎が傷つくと、皮膚と同じように腫れることがあります。
お口の中を清潔にして、2~3日様子を見てください。腫れが続いたり、症状が悪化するようでしたらご相談ください。
もちろん、すぐに受診してくださっても結構です。傷の治癒を促す処置をします。

顎の骨・歯茎の腫瘍

稀なことですが、顎の骨髄炎、口腔がんなどによって歯茎が腫れることもあります。
歯科医院に相談し、その上で病院の口腔外科などへと紹介してもらいましょう。

歯周病が原因の歯茎の腫れを放置すると

歯周病が原因の歯茎の腫れを放置すると歯周病が進行すると、歯を支えている顎の骨が、歯周病菌の産生する毒素によって溶かされていきます。同時に顎の上の歯茎も下がり、歯が長くなったように見えてきます。歯茎から膿が出るようになると、独特の口臭も強くなります。そして最終的には、歯の脱落に至ります。
このように、歯周病は歯を失う可能性のある病気です。歯を失う原因としては、虫歯よりも歯周病が多くを占めています。
症状がほとんど現れないからこそ、症状のないうちに予防に取り組むことが大切になります。

歯茎が腫れて痛いときの自分でできる応急処置

歯茎が腫れて痛いときの自分でできる応急処置歯茎が腫れて痛いとき、ご自身できる応急処置をご紹介します。なおこちらは、あくまで応急処置ですので、腫れや痛みが治まったとしても、その後できるだけ早く歯科医院を受診するようにしてください。

患部を冷やす

氷嚢やそれに代わるものを、頬の外から当てて冷やすと痛みが和らぎます。

ノンアルコール系のマウスウォッシュ、うがい薬の使用

ノンアルコール系のマウスウォッシュ、うがい薬による口腔内の殺菌も有効です。
アルコール系のものは腫れを悪化させることがあるので、避けてください。

しっかり休む

体調不良や過度のストレスなどで抵抗力が落ちていると、腫れや痛みも強く現れやすくなります。
栄養のあるものを食べ、心身を休ませることも、痛みの軽減のために大切です。

痛み止めを使用する

市販されている痛み止めも有効です。
特に夜間など歯科医院を受診できない状況で、眠れない・食べられないほど痛む場合には、この方法がおすすめです。

歯ブラシはやわらかいものを使う

炎症の原因となる細菌を除去するためにも、痛みがあっても歯磨きは必要です。
毛の硬い歯ブラシは歯茎への刺激が強いため、やわらかいものを使ってください。

歯茎の腫れを予防するには

歯茎の腫れを予防するには

「歯周病による歯茎の腫れ」または「それ以外の要因による歯茎の腫れ」のいずれの場合においても、以下のようなケアによる予防が可能です。
日頃から気をつけておきましょう。

丁寧で正しい歯磨きを

細菌などの付着は、歯茎の腫れの大きな原因です。歯の裏側、歯間、歯と歯茎の境目、奥歯の溝・裏側などを注意して磨きましょう。
また、食後はできるだけ早く歯磨きをしましょう。

歯周病菌への効果が期待できる歯磨き粉を

近年は、さまざまなタイプの歯磨き粉が市販されています。
歯周病予防のための歯磨き粉もありますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。

自分に合った歯ブラシの選択を

奥歯の裏が磨きにくいと感じたときには、ヘッドの小さい歯ブラシに変えてみましょう。
歯ブラシの毛のタイプは、歯茎を傷つけないためにも、「やわらかめ」か「ふつう」をおすすめします。電動歯ブラシを使うのも良いでしょう。
選び方が分からないというときには、当院にご相談ください。患者様のお口に合ったものをご提案いたします。

どうしても食後に歯磨きができないときは、ゆすぐだけでも

お仕事や家事などで、どうしても食後に歯磨きができないときもあります。
そういったときには、口をゆすぐだけでも細菌を洗い流す効果があります。

一番上に戻る
TEL.079-240-8731TEL.079-240-8731お問い合わせお問い合わせ初診WEB予約初診WEB予約

〒670-0925 兵庫県姫路市亀井町47 ボルボスビル2階
TEL:079-240-8731
アクセス:JR姫路駅・山陽姫路駅 徒歩4分

FacebookCADCAM学会(JSCAD)

診療時間 日曜
祝日
9:00~12:00
14:00~19:00

△土曜日は17:00まで。
木曜調整日:祝日等により振替診療あり
休診日:日曜日・祝日