セレックQ&A

2015.06.23更新

残念ながらこの世に永遠というものは存在しません。高級車だって永遠に乗り続けることはできません。人生最大のお買い物「家」だって手入れや修繕、リフォームが必要です。人が生き物で「老いていく」ことを考えると、人の身体の一部のみ永遠はありません。

定期検診に来る人、来ない人でも生存率は変化しますし歯軋りや食いしばりといった生活習慣でも持ちは変化してきます。

大切なのは定期検診。

セレックはもしもの時の再修復も他の修復法と比較して、もっても容易です。

検診に来てきっちり保障してもらいましょう。

治療は歯の値段ではなく治療した歯を長く管理維持していくための費用なのです。

投稿者: きたみち歯科医院

2015.06.23更新

セレックにおける治療は保険診療外となります。しかし、セレックにおける治療では、患者様のコストに見合った治療効果をもたらすので、自信を持っておすすめします。

投稿者: きたみち歯科医院

2015.06.23更新

保険診療で用いるレジン(プラスチック素材)の修復治療に比べると、着色・変色・摩耗などの心配がありません。また、金属を用いた修復治療と比べても、歯垢(プラーク)が付着しにくく、アレルギーの心配もありません。ゴールド(金属)や保険適用銀歯と比較すると、プラークの付着は量は1/3以下だという報告があります。また、セレックで使用するセラミックは、専門の工場にて規格生産しているため、異物などの混入がなく、セラミック素材として安定しております。

投稿者: きたみち歯科医院

2015.06.23更新

患者様のむし歯やかみ合わせの状態、また口腔内の状態によって最適な治療法を検討するため、一度当院までご相談下さい。セラミックによる治療は一般的に、詰め物やかぶせものといった治療や、前歯に貼りつけるラミネートベニアの治療も可能です。

投稿者: きたみち歯科医院

2015.05.25更新

セレックQ&Aです。

投稿者: きたみち歯科医院