入れ歯

噛めない・痛い入れ歯でお悩みの方へ

噛めない・痛い入れ歯でお悩みの方へ噛めない入れ歯、痛い入れ歯で我慢しているということはありませんか? あるいは、見た目が気になるけれど仕方なく入れ歯を使い続けているということはありませんか?
入れ歯を作ったときのことを思い出してください。「しっかり噛めるように」「人前で思い切り笑えるように」ということを希望して、入れ歯を作ったはずです。 保険の入れ歯でご満足される方もおられますが、やはりその審美面・機能面には限界があります。

当院では、よりしっかり噛める、より見た目の良い自費の入れ歯も作製しておりますので、入れ歯のお悩みがございましたら、一度お気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

保険診療で作る入れ歯は、材料や工程が厳しく定められています。一方で自費診療の入れ歯は、この制限がありません。つまり、優れた材料を選択することはもちろん、最新の技術を取り入れて審美性を高めたり、精密性を高めるための手間をかけたりといった、品質の追及が可能です。

だからこそ、美しさや噛みやすさ、痛みの少なさ、耐久性などの点で、保険の入れ歯と自費の入れ歯では大きな差が出てくるのです。お口の状態はもちろんのことながら、ご希望やライフスタイルも患者様お一人お一人で異なります。
当院では、オーダーメイドの自費の入れ歯に対応することで、一人でも多くの患者様に、噛める喜び、見た目の良さへのご満足をお届けして参ります。

保険の入れ歯(レジン床義歯 )

保険の入れ歯(レジン床義歯 )保険の入れ歯の最大のメリットは、リーズナブルである点です。 審美性や機能性、耐久性の面では、どうしても自費の入れ歯より劣ってしまいます。

部分別の違い

上あご・舌にあたる部分

入れ歯を支える部位です。材料(歯科用プラスチック)の耐久性の問題から、どうしても厚くなってしまいます。

白い歯(人工歯)の部分

ここにも歯科用プラスチックを使用します。残存歯と並ぶと、色・形の違いが目立ってしまいます。

ピンク色の歯茎部分

歯茎にフィットする部分です。この形にも制限があります。

残った歯に引っ掛ける部分

一般的に「金属のバネ」と呼ばれています。このバネで残存歯を包むことで、入れ歯の安定を得ます。部分入れ歯のみに存在します。部位別で見ても、かなり目立ってしまうところです。

自費の入れ歯(金属床・インプラント義歯・ノンクラスプ義歯など )

薄く作ることのできる「金属床入れ歯」、バネがなく美しい「ノンクラスプ義歯」、インプラントを用いて抜群の安定感が得られる「インプラント義歯」などをご用意しております。

部分別の違い

上あご・舌にあたる部分

入れ歯を固定したり、噛んだときの力を分散させたりしています。
金属床入れ歯ではここに金属が使用されます。食べ物の熱がしっかり伝わり、美味しく食事を楽しめます。

白い歯(人工歯)の部分

患者様の歯に合わせて、色や形を調整します。

ピンク色の歯茎部分

歯茎の状態やご希望に合わせた作製が可能です。

残った歯に引っ掛ける部分

金属床の部分入れ歯の場合にはバネがありますが、保険の部分入れ歯のバネとは異なり、バネ同士が連結しているため、歯や歯茎への負担が抑えられます。

入れ歯治療の費用

料金は消費税別です。

内容 料金
金属床
(丈夫で違和感が少ない義歯)
300,000円~
ノンクラスプ義歯
(バネがなく目立たない部分義歯)
150,000円~
インプラント義歯
(インプラントの上につける義歯)
300,000円~
一番上に戻る
TEL.079-240-8731TEL.079-240-8731お問い合わせお問い合わせ初診WEB予約初診WEB予約

〒670-0925 兵庫県姫路市亀井町47 ボルボスビル2階
TEL:079-240-8731
アクセス:JR姫路駅・山陽姫路駅 徒歩4分

FacebookCADCAM学会(JSCAD)

診療時間 日曜
祝日
9:00~12:00
14:00~19:00

△土曜日は17:00まで。
木曜調整日:祝日等により振替診療あり
休診日:日曜日・祝日