Kitamichi DrCEREC通信

2012.11.24更新


ほぼ全患者さんのお口の中に入っているこういった小さな金属。
除去してみるとほぼ例外なくセメントが溶け出して中が虫歯に・・・。
せっかく治した虫歯が、また、虫歯に・・・。
なんで・・・。(涙)
殆どの患者さんが思ったことのある事ではないでしょうか?? 
なんで・・・??
よほどきっちり防湿して接着性のレジンセメントで着けてあればよいのですが
現状の保険制度では困難なことであることも事実。

もちろん北道歯科医院では金属除去前からしっかりゴム製の布で防湿。
がっちりガード。
金属粉も飲ませないように注意を払っています。
このような小さな虫歯ではあえてセラミックには致しません。
ハイブリッドレジン(セラミック粒子の比率の高いプラスチック)を充填して定期検診へ。

奥の二本はCERECセラミック。
小さいのはハイブリッド修復。
何が良いかではなく患者さんの歯を極力残すためのベストを選択。
当院では極力身体に優しいセラミック修復を。

大切なのは値段でもなく、材料でもなく、
定期的にチェックを続けることです。

投稿者: きたみち歯科医院